2009年12月25日

大雪

こんばんは。
ご無沙汰です、やっぱり12月は駆け足です。
今週のはじめは久しぶりに下呂も大雪に見舞われました。
車で来館のお客様は大変だったようで、お疲れ様でした。
不謹慎ですが、私は山に降り続く雪に少々感動でした。
白一色になる光景は大変美しいものです。
今は、ほとんどありません・・・・

 

今年もあと一週間足らずでどんどん多忙になりますが
体調に気をつけてがんばります。

皆様もいいお年を・・・・・・・・・。  

Posted by 料理長 at 19:58Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月29日

大変

こんばんは
ドバイショックなるものが起きてまたまた日本に暗雲です。
アラブの星として輝かしい未来が・・・・
どの時代でも、どの国でも繁栄し続けるということは不可能なのでしょうか?
前々より一度は行ってみたいと思っていましたが・・・・



そんな中11月もあとわずかになりました。
毎年この時期になると正月のことが気になりだします。
12月はあっと言う間に過ぎるので私たちのような職業の
人間にとっては、まさに師走です。  

Posted by 料理長 at 18:35Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月01日

そろそろ・・・・・

こんにちは
季節は日一日と着実に秋へ向かっていますが
いかがお過ごしでしょうか?


山里に住んでいると自然の移り変わりがよくわかります。
少々、気になっていたので再びせせらぎ街道に行ってみました。





山は燃えていました・・・・
もう少しで真っ盛りでしょうか?

 

若い頃はあまり感じなかったものですが、年を重ねるごとに
自然の美しさに惹かれます。

先日は天気もよく、いい景色が見れて満足でした。  

Posted by 料理長 at 11:53Comments(0)TrackBack(0)

2009年10月14日

まだまだ・・・

こんにちは
下呂は、朝夕肌寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。  
昨日、馬瀬村~せせらぎ街道を散策してきました。
きれいな紅葉が見れるのは、あと2~3週間後というところでしょうか         



 



街道沿いの木々は少し色づいていました。





それにしても美しい馬瀬川です・・・







また紅葉真っ盛りのころに行ってみようと思います。  

Posted by 料理長 at 11:08Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月04日

秋の日

こんにちは
またまた、あっという間に9月に入りました。
今年の夏休みはあまり天気にも恵まれず、夏らしい日が少ない
夏でしたが、皆様はいかが過ごされたでしょうか?

毎年8月は忙しい日々が当たり前の私どもですが・・・・
今年は天候不良、総選挙等で少々落ち着いた8月でした。

松茸もちらほら出てきました・・・・・

  

これから秋に向かい山の幸、海の幸と一年で一番にぎやかな季節です。
今年の秋もがんばって美味しいものをつくります。  

Posted by 料理長 at 19:53Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月07日

夏休み

こんにちは
先日、梅雨明け発表ありましたが下呂は雨が続いています。
8月なのにすっきりしません。
日本全国での記録的な豪雨や竜巻きなど・・災害が年々凶暴化しているような
気がします。
天候不順が続き我々が取り扱う食材にも多大な影響が出てきています。
特に野菜類は深刻で、出荷量が激減しており価格にも大きく影響しています。
早く回復してもらいたいものです。

話は変わって
子供の頃、私の田舎では毎年ちょうど今頃の夏休み期間中に町内総出で大人も子供も
海に遊びに行っていました。
大人はもっぱら素潜りでトコブシ取りに専念し、子供たちはそこらの
磯で遊んだり、大人のまねをして潜ったりしていました。
昔は、今では信じられないほどの大漁でした。
子供でも、浅場でいい型のトコブシを50枚くらいは取ったものでした。

   
     トコブシ


そんな磯遊びの日、昼飯時になると大人達が、トコブシやら大きな貝やたこ等がいっぱい
入った大きな布袋を担いで沖から上がってきます。

そして、ここからが大変です。
当然、大漁のおじさんはいかにも重そうに担ぎ自慢げに見せびらかしながら
磯の真ん中を歩き大袈裟にふるまい、その場をしきります。
自慢話をしこたま聞かされます・・・まさにボスザル気分です。
そうではないおじさんは端の方からそっと上がってきます。
暑い夏のその瞬間が、自分の力を見せ付ける大人たちの晴れ舞台でした。
子供たちは自分の親父に期待をし運よく大漁のときは鼻高々です。

   
       遠くに屋久島

ちなみに私の親父の成績はだいたい中でしたが、なぜかいつも指先をウツボに
噛めれていて痛そうでした。

こんな環境で育った私は潜ることを先に覚え泳ぐのは後からでした。  

Posted by 料理長 at 18:26Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月18日

地産地消

こんにちは。

先日、下呂市竹原地区の農家へ行ってきました。
今までも、何軒かの農家より直接地物野菜を仕入れていましたが、
これまで以上に、地元の生産者の顔が見えて安全でおいしい野菜を専属に
供給して頂く為、複数の農家に伺いました。

   
 
下呂の竹原地区は高台にあります。元々は山林で長い年月をかけ
開拓を行い今ではかなりの面積の農地が広がっています。
高台にあることから、朝夕と日中の温度差がかなりあり高糖度トマト
はじめ非常に高品質の作物を作りあげています。

 
   
                               こんにゃく芋畑


話を伺っていると、いいものを作る為に大変な努力をされております。
野菜の香りにもこだわって作っているとの事。
伺った日は35度のとても暑い日でしたが、一生懸命作業されていました。

すぐには、全ての野菜をまかなう事は出来ませんが、徐々に種類を
増やしていただき殆どの使用野菜が地元産になれるようこれからも
協力し合っていきたいものです・・・  

Posted by 料理長 at 19:59Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月15日

梅雨空

こんにちは。

下呂は山も青々として、これから夏に向かいます。
でも、さすがに6月になると天候が不安定で朝晴れていても
昼から雨に・・とっても気まぐれです。
暑かったり、肌寒かったり気温の方も気まぐれです。

  

本日の画像はなんと松茸です。
秋の献立撮影の為、仕入れましたが目の玉が飛び出るほどの価格です。
早松(さまつ)と呼ばれる松茸で、今の時期ごくごくわずかに採れます。
本番は、あと3ヶ月程待たなければなりません。
しかし、あっという間に秋はやってくるのだろうな・・・・


昨日、TVで言っていたこと・・・?
旅に出ると行きは長く感じ、帰りは短く感じる・・そうかも。
若いときは時間が長く、年取ると1年があっと言う間・・そうかも。
ではそれはどうしてか?
新しい事をする時は、時間がゆっくり流れるが繰り返しの場合は速く過ぎる。
だから、年をとっても何か新しい事にチャレンジしておけば、ゆっくり
充実した日々が送れるとの事。

どうかな・・・・・・?  

Posted by 料理長 at 17:55Comments(0)TrackBack(1)

2009年05月22日

こんにちは。
5月も連休から始まりあっという間に6月がやって来ます。
と言うことで本日は、鮎の話。

アユとは晩秋に川の河口付近の川の砂地で産卵し、生まれた稚魚は一旦海に下り、
水温が上がるの待って、遡上を開始し7-8月頃までに上中流域まで達します。
そこで、石に着くコケ(珪藻)を食べて急速に大きくなります。
そして、9月頃から下り始め産卵に向かい、産卵後は死んでしまう1年魚です。
ほんの一部であまり大きくならなかったものが、もう1年生きる事がある。
これができるのは、中下流域にダムや大きな堰がない事が条件になります。
長い川、例えば長良川ですと中流域でも産卵する場所があるようです。

これがアユの定説になっていますが、日本の河川の環境上あまりにも遡上数が少ないため
各河川の漁協が毎年4月の初め頃、琵琶湖などで孵化した稚魚を放流しております。

  

天然遡上のアユは鱗が小さくヒレも長いですし、アユの特徴の黄色の斑点がハッキリしています。
また、縄張り意識が強いので友釣りで掛かりやすいですが、放流アユは「お仲間」でケンカをしにくいとの事。

鮎もいろいろ大変です・・・・  

Posted by 料理長 at 13:14Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月18日

山盛り

こんにちは。
下呂の桜もそろそろ終りです。
これから初夏に向かって木々も新芽を吹き山全体が大きく盛り上って
山里の下呂はこれからが一番いい季節です。

地元産の新たけのこ・たらの芽・こごみなども出始め、今の時期しか
味わえないものが山盛りです。
少しづつ小出しにしてくれるといいのですが、自然はそうはいきません

 

若い奥様などの一般家庭では、生のままで最初から山菜などを調理する
ことは少ないと思いますが、そんなに難しいものでもありませんし
是非、挑戦してもらいたいものです。
びっくりする程旨いです。

アク抜きや味付けなど、私などが説明するよりインターネットで詳しく
解説されておりとてもわかりやすいです。
本当にいい時代です・・・

昔は先輩たちが、なかなか教えてくれなかったいろんな技を今では簡単に
手に入れることが出来ます、修行の為にはいい事なのかわかりませんが
便利な世の中になりました。  

Posted by 料理長 at 17:23Comments(2)TrackBack(0)

2009年03月23日

帰郷

こんにちは。
先週の16日・17日と一泊で小規模同窓会の為、鹿児島に行ってきました。
久しぶりに昔の仲間たちと楽しい時間を過ごしてきました。

長い間、こういった集まりにほとんど参加したことのない浦島太郎さんの私には、
顔と名前が一致しないこともあり大変な失礼をした方もおりました。
自分の事はさておき・・・みな様立派なおじさんおばさんへとすくすくと成長され
ており、ちょっとした町内会の役員のご苦労さん会のようでもありました。
しかし、話している内容は30数年前のことばかりでなんともなつかしく
楽しい一夜でした。

それにしても、人間の記憶力とは摩訶不思議である。
きのうのことはよく忘れるのに昔のことはみなが鮮明に・・・・

  
  桜島

昼間は友人と近場の観光へ出かけました。
知覧の特攻平和会館にも行ってきました、少々重い雰囲気の中
見学しながら、この時代若い少年達はどんな思いで日々過ごしていたのだろうと
60数年前に思いを馳せる私でした。
今の日本が平和であるのも彼らのお陰でしょうか・・・合掌。
屋外に展示してあるゼロ戦に七部咲きの桜が優しく寄り添って立っていました。

 

そんなことで、短い時間でしたがいい時間を過ごし、またの再会を約束して
無事帰ってきました。  

Posted by 料理長 at 16:48Comments(2)TrackBack(0)

2009年03月13日

こんにちは
3月に入り、下呂は寒かったり少し暖かい日があったりと
はっきりしません。

そんな中でも、山にはしっかり春が訪れているようです。


ふきのとう・・・そう言えばその昔そんな名前のフォークグループがあったな・・・

そんな春、当旅館も卒業旅行などの若いお客様で大賑わいです
やっぱり若いということはいいですね・・・

 
本日の画像は黒毛和牛のすきやき会席です。
なんと、ダムのような肉の壁が・・・・・・・・・・
お値打ち料金・味・ボリューム満点で、大好評です。
ぜひ、当社ホームページよりご予約下さい。  

Posted by 料理長 at 14:08Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月13日

お米

こんにちは。

おなかすいた・・・・・・ごはん。

日本人にとって、米は長い間主食という以上に大切なものでした。
その昔、米の生産量でその地域の財力・戦力が計られていたように
食物以上の価値が多分にあったのでしょう。

そんなことで
アルメリアの土釜炊きに使用しております“魚沼こしひかり”について
能書きを少々・・・・

   

近代、多大な努力で日本一の米といわれるまでになったのが、皆さんご存知の
新潟県魚沼地区の“魚沼こしひかり”です。

魚沼地区は標高が高く昼夜の温度差が激しいこと、山の純粋な湧き水が豊富なこと
など美味しい米づくりにとっての環境があったにせよ、厳しい環境の中、農家の
一軒一軒が執念で作りあげたということです。

魚沼には、“魚沼米憲章”なるものがあり、農薬・化学肥料などの使用を厳しく
制限しており、これを各農家が忠実に守りブランドの維持に努めているようです。

また、同じDNAのコシヒカリ苗であっても栽培する環境と、栽培する人の
熱意・技術がないと、“魚沼こしひかり”にならないとあります。

    

とっても、栽培が難しくて貴重な米であることにはまちがいないようです。

おしまい。  

Posted by 料理長 at 16:50Comments(2)TrackBack(0)

2009年01月23日

ひとりごと

こんにちは。
アメリカの新大統領登場は、世界中で期待されているようです。
100年に一度とも言われている世界的不況がこれからどうなって
行くのか米国次第と言うことか・・・・。

一庶民のつぶやき。
経済が私たちの生活に大きく影響している事はもっともな事では
あるが、そもそも経済状況とは誰がどのように判断しているのか・・
経済の仕組みは概ね理解できるが、常に知恵を絞りどんな時でも
悲観的にならず業績をのばしている企業もたくさんある。

今まで売れていたものが、急に売れなくなり不況とはあまりにも
単純な気がする、特に実体のないような商品。
不況、不況と騒げば騒ぐほど不況になっていく・・精神的にもめいる。
過度な期待・希望が、過度な失望につながっている気がしてならない。

まあ、今年も落ち着いてゆっくりいきましょう。

ひとりごとでした。  

Posted by 料理長 at 12:07Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月08日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年の下呂は雪もなく、天候にも恵まれ大変穏やかな正月でした。
2009年はいい年になるようにと・・・
昨日やっと初詣に行ってきました。

  

今年もいろいろありそうですが、健康に注意しながら一年がんばります。
本年も宜しくお願い致します。  

Posted by 料理長 at 20:21Comments(0)TrackBack(0)

2008年12月20日

師走

12月も半ば、下呂では寒かったりそうでもなかったりと
年のせいか・・・体調管理が大変です。
今年は、例年にも増して世界中で厳しい一年でした。
日本が誇る企業も軒並み業績悪化です。
来年は、是非明るい一年であって欲しいものです。

そんな中、当館はお蔭様で今年もたくさんのお客様にご利用頂きました。
誠にありがとうございました。

  

7階レストランの花壇のお世話をしているスタッフの今井君です。
若くて、元気があり真面目で、写真ではにやけておりますがなかなかいいやつです。
7階ベルビュー御利用の際はなんなりとお申し付け下さい。

    

Posted by 料理長 at 17:19Comments(0)TrackBack(0)

2008年11月22日

松葉がに君

こんばんは

急に寒くなりました。
先日、山はうっすらと雪化粧でした。
そろそろ本格的に冬がやってきそうです。
そして、かにの季節にもなりました・・・・

  

本日の画像は、活松葉会席に使用しております重さ1.1kgの活松葉がにです。
この蟹を、お1人様一杯全て使い切ります。

元気にあばれておりましたが、一瞬動きが止まった瞬間にパチリ
堂々たる風格が漂っています。
身入りもバッチリ、鮮度も抜群・・
さすがずわいがにの王様です。  

Posted by 料理長 at 18:43Comments(2)TrackBack(0)

2008年11月08日

寒ぶり

こんばんは

日一日と山は寒くなり、木々も色づき・・・そして冬がやって来ます。
我が家では、すでにストーブが焚かれています。

本日の画像は、山陰沖(隠岐の島)産10kgの天然ぶりです。
鮮度抜群で刺身でもOKですが、なんと照り焼きで使用しております。
お客様の評判も上々です。

切り身にする時にお腹の脂の乗ったところを少々薄く刺身にして、
時々、まかないで頂いておりますがトロにも負けない位の絶品です。

  


どうしても、まかない食が食べてみたい方はご連絡下さい・・・・・
なんとかします。  

Posted by 料理長 at 19:35Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月26日

冬の味覚

こんにちは

あっという間に秋も終わろうとしています。
忙しさに追われていると一日が飛ぶように過ぎていきます。
昨今、記録的な景気低迷と言われておりますが、こんな時こそ日本人の
技術力・底力を発揮しがんばりたいものです。

さて、11月に入ると恒例の境港産の活松葉がに会席が始まります。
毎日直送される1kg台の活松葉がには、味・鮮度とも抜群です・・・
今年は11/10からのスタートとなります。



冬の味覚をぜひ、お試し下さい・・・・・  

Posted by 料理長 at 13:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月13日

山の秋

暑かった今年の夏・・・自然界では着実に秋へと移り変わっています。
こちら下呂の山では、先月末よりすすきの穂もちらほら出てきています。
なんと1年のサイクルの早いことでしょう・・・・・・
でもやっと夜の寝苦しさからは開放されそうです。

ということで、本日の画像はこの秋のおすすめメニューです、是非ご賞味くださーい。


極上飛騨牛と松茸の炭焼き会席
  

  飛騨牛もたっぷり・・・松茸もしっかり・・いいとこ取り会席


宝楽焼き会席


  宝楽なべで旨いものひっくるめて蒸し焼き
  炭焼きとは、ひとあじ違う芳醇な味そして舌ざわり


     たまには、豪勢にいってみるか!!!!!!                    

Posted by 料理長 at 19:03Comments(1)TrackBack(0)